works

宝塚大好き!

5月 2017

突然ですが、宝塚ファンです。
今を遡ること、1年前。
USJの帰りに好奇心で立ち寄った宝塚大劇場で、私と長女は宝塚大劇場に完全に魅了されてしまいました。チケットを購入してなかったのでロビーをただ歩いただけだったのに、吹き抜けのホールから垂れ下がる豪華なシャンデリアに、キラキラとひかり輝くスターの写真にすっかり心を奪われてしまったのでした。
小学4年生、10才の長女は(私、ここの舞台にたちたい!)と宣言。

私は(宝塚ジェンヌとお近づきになりたい!宝塚に関わる仕事をしたい!)

福岡に戻ってからは、私も長女も考える事は宝塚の事ばかり。
どうやったら宝塚に入れるのか。どうやったら宝塚に関わる仕事ができるのか。長女の方は、劇団に入る為には試験があり、クラシックバレエと声楽が必須NOの様子。というわけで、宝塚劇場に立ち寄った一ヶ月後には、長女は元東京バレエ団のソリストの先生の元でバレエを学び初め、宝塚を卒業されて女優となられた真琴つばささんの香港ツアーでピアニストとして参加された経歴を持つ、神戸出身のピアニストの先生に個人レッスンを受ける事になりました。

そして、1年後。。
GWの子供の日に、博多座公演月組の(長崎しぐれ坂)を長女と見に出かけた日の事。私たちは、博多座前の月組ポスターの前で記念撮影をしていたところ、よっぽどテンションが上がっていたのでしょう。人目を引いたようで、テレビ局のレポーターさんから声をかけられたのでした。質問に答えているうちに、私と娘が宝塚歌劇団に少しでも近ずけれるようにお互い努力しているのが受けたようで密着取材を受ける事になりました。

内容は(宝塚を夢見る母娘のお宅に潜入)

博多座公演月組(長崎しぐれ坂)の公演の見どころの後に
私たちの特集は20分間にも渡り放映される事になりました。
18485707_1306954642756943_1952630128316811995_n18402842_1306954442756963_7960061002975262197_n
長女は演目の中で一番大好きな(エリザベート)のシシィに扮して、レポーターの福岡吉本のケン坊田中さんをお出迎え。

IMG_20161019_214628

私は、宝塚歌劇団の組の中でも一番大好きな宙組の朝夏まなとさんを描いた絵をご紹介。(演目 エリザベー卜/死神役 トート閣下)

この絵は、イラストの仕事や、大学の授業資料制作の合間に
制作したもの。描いている間は、まぁ様に見つめられているようで、至福の時間・・!

取材の為に、ハプスブルク家の紋章が入った手作りのシャンシャン
エリザベート風に編み込んだ毛糸のカツラ
シシィの扇などの小道具は娘たちと一緒に制作してこれもまた至福の時間・・!

せっかく好きになった宝塚
ファンで見ているより、制作側にまわりたい!
娘は、若さと情熱を武器に、宝ジェンヌを目指し
私は、ペンと絵筆を武器に、宝塚の関連書籍か
舞台美術で関わる事を目指したい・・・!

と夢見てます。
宝塚いざ、勝負!スクリーンショット 2017-05-17 20.33.30

スクリーンショット 2017-05-17 20.32.32

スクリーンショット 2017-05-17 20.32.09
娘たちが手にしているシャンシャンの(M)は
万野家の(M)であり、朝夏まなとの(M)

宝塚に向かって私と娘、別々の方法で辿り着いてみせます。
まだ目覚めていない6歳の次女は応援団、少々困惑気味のお父さんも馬車に載せて万野家一同、出陣です。

みなさま、どうぞ温かい目で
見守りください♡