新作の靴『とめ、はね、はらい、の靴』

4月5日
福岡県立美術館の書の展示会に行ってきました
誘ってくれたのは、糸永正子さん
デザイン事務所で働くデザイナーさんで書を習い始めて四年目

同世代の12人の女子と楽しくて新鮮な文字の世界を展開


色がカラフルで、楽しい雰囲気


糸永さんの作品
『野』『暮』2つならべて『やぼ』
一つ一つの文字と
並べて読んだときの意味が変わるのが
面白くてこの文字を選んだそう

壁に並んでいると面白い効果があります

帰ってきて、書をイメージして靴に絵付けをしてみました


書道の『とめ』『はね』『はらい』を
線の流れ、かすれ、勢いで表してみました

男の子用『とめ はね はらい の靴』11.5㎝ ¥3500
ショップには近日中に入ります

2件のコメント

  1. 『とめ はね はらい』男の子用。
    響きに人生感じます。
    3万5千円か~~。
    面白い、目線ですね。
     

  2. ぶるさん
    値段、3500円でした。。(汗)
    今回は子供靴の中にもわびさびを表してみました